賃貸住宅に住む二つのメリット

家庭を持つようになると、いずれ子供が生まれることも考えて、そろそろ落ち着いた家に住むことを検討しますよね。その場合、家を買うか、それとも、借りるかというのは判断が分かれるところだと思います。家を買うことにも勿論メリットがありますが、賃貸住宅にも同じようにメリットがあります。自分が思う一番のメリットは、やっぱり、未来がそれほど縛られないということですね。たとえば、外国で働かないかというオファーをもらったとします。

条件が魅力的で仮に家族も前向きになってくれたとしても、家を既に購入してしまっていた場合、その家をどうするのかというのは大きな問題になりますよね。もし、外国で働く期間が決まっているのであれば、その間は誰かに貸そうということでいいかもしれませんが、いつ帰れるかわからないし、場合によっては永住になるということだと、せっかく買った家を手放さないといけません。買った値段よりも安くなるでしょうし、そうなると勿体ないです。

賃貸住宅に住んでいれば、契約を更新しなければいいだけの話ですから、よしじゃあ外国へ行こうと素速く決断することが出来ます。別の誰かにも同様に声が掛かっている場合、すぐに決断できるというのは有利ではないでしょうか。そしてもう一つ、しばらく賃貸住宅に住むことで、本来、家を買うための頭金を運用して増やせる可能性があるというのはメリットですよね。もし、この運用がうまくいけば、ワンランク上の住宅を購入出来るかもしれませんから。